こためも。

嬉しいこと、悲しいこと、うまくいかないこと、ちょっぴり達成感を得られたこと、そんなことをゆるっと書き連ねていたり、カレーへの愛を語ったりしています

はじめましての文構造 vol.1-1【クランベリー型形態素】

「ごめん、たすけて」

 

 

食堂でおやつでもつまみながら課題を進めよう、なんて思いながら壁際の席を目指して歩いていると、服の裾をひっぱられた。

 

驚いて視線をやると、そこまで親しいわけではない学科の同級生だった。

背が高くて愛想のない彼の困った上目遣いがこちらに向いている。

 

「え、どうしたの」

 

「唯ちゃん真面目だから基礎しっかりしてそう、おれそういうのほんとだめで」

 

机いっぱいに広がった教科書やワークにはLesson1と書いてある。

 

"Hello, my name is ...

 Nice to meet you. "

 

大学に入学して2週間、慣れない自由な雰囲気に気圧されていた没個性な私はこの男の子と初めて喋った。

 

何が何だか分からないまま彼の向かいの席に座る。

 

「急にごめんな、おれ塾講師のバイト始めたんだけどすっごい行き詰っててさ」

 

はぁ、とため息をつきながら彼はおしゃれなキャップをかぶりなおした。

ごつごつしたデザインの時計やリュック、良くない目つき、一見近づきがたいのに今日初めて話すことを感じさせない彼は同じ教育学部文系学科英語コースの同期だ。

コースは1学年20人なのでなんとなく全員の顔は覚えているものの、自分の人見知りも相まって異性とはほとんど話したことがない。

彼、秋人くんが私の名前を覚えてくれていることにも驚きだった。

 

「中学1年生教えてるんだけど、あいつら面倒そうにしてるけど的確な質問してくるんだ。なんで英語の語順は変なの?日本語の方が分かりやすいよね?なんて言われて答えられなくてさ」

 

「そ、それは難しいね…そのときはどう答えたの?」

 

「テストで100点とったら教えてあげるって言った、こういう大人になりたくないと思い続けてここまで来たのに、いざとなると難しいものなんだなー、って。真面目に向き合おうとしても、知識がないと無理だった」

 

秋人くんは目をぎゅっと瞑っている。生徒の顔を思い出しているのだろうか。

 

「気持ちだけじゃダメだったから、勉強しようと思って。でも一人じゃ進まないの、もし時間あれば付き合って!」

 

「わ、私でいいの?力になれるかわからないけど」

 

「いいのいいの!おれよりは絶対頭いい!」

 

にっこり笑った秋人くんは、自分のノートをこちらに向けて見せてくれた。

 

「さっきまで日本語と英語の語順の違いについて書きだしてたんだ」

 

 

私は    本を     読む。

(主語)  (内容)   (動詞)

 

I                     read                books.

(主語)  (動詞)   (内容)

私は     読む     本を

 

「多分、あいつらが言ってたのは英語だと動詞が先に来るのが分かりづらいってことかなと思うんだ。まだ教科書に出てくる例文は自己紹介文とかだけど、日本語とは文の構造違うからさ」

 

 

「確かに、主語の後に動詞が来るのは変な感じするよね。でも英語はそういうもの、って覚えちゃったから疑問に思ったことなかったなぁ」

 

「だよなぁ。おれもなんとなくで英語読んできたからなぁ」

 

ふたりでうーん、と唸る。

考えても答えなんて出ない。私たちはあまりに無知だから。

 

何も知らなくて教えられる側に甘んじてきた私たちが、初めて学びを得ようとしたこの日から全ては始まった。

 

 

 

 

おかえりいりたまご vol.3-1【手付かずのフルコース】

 

 

守る人がいると人間は強い、なんて

 

守られてきた人の言葉なんだろう。

 

真実はきっとその逆で。

 

強い人は守られていて、

 

温かい帰る場所がある。

 

それがすべてのように感じてしまう。

 

守るべきものもなく、

 

帰る場所すらない。

 

わたしは世の理から外れてしまったのか。

 

彼らの命と私の命が同じものとは到底思えなかった。

 

 

 

 

 

 

 

彼女はいつも通りソファの端にちょこんと腰かけた。

 

 「今日は顔色がいいね」

 

「本当ですか?昨日は少しだけよく眠れたので、そのおかげかもしれません」

 

水曜日なんて週の半ばで一番気持ちがくたびれていそうなものだが、若い子にはそんなこと関係ないのかもしれない。

 

「そっか、それはよかった。はい、毛布」

 

「ありがとうございます。―――おやすみなさい」

 

毛布に包まった彼女は蛹のようだった。

うちにくるとまず少しうたた寝するのが習慣になってきている。

 

羽休めの場所に使ってくれるなら本望だと、そう思っていた。

だけど彼女はまだ高校生で、しっかりとした判断もまだできない歳で。

 

もしかしたらまだ羽なんて生えてないのかもしれない。

ただ、成長することにくたびれているだけなのだとしたら休息の場を与えるよりも背中を押してあげることの方が大切なのではないだろうか。

 

そもそもどうして彼女があの日倒れてしまうほど弱っていたのか、それすら分からないままこんなことをしていていいのだろうか。

 

少し体力も回復してきたようだし、そろそろ一度話をする頃合いなのかもしれない。

 

 

真面目な話をするとき人は手が暇になってしまう生き物だ。

警戒する様子もなくすやすやと休んでいる小さな青虫さんが話しやすくなるように、ひとまず何かつまめるものでも作ってあげよう。

 

冷蔵庫には買ってきておいた卵6͡個入りパックとケチャップが冷えている。

 

フライパンを取り出して、昨日まで埃をかぶっていたIHのスイッチを押した。

更新再開

お久しぶりです、こたろーです。

 

仕事がちょっぴり忙しくてしばらく放置になっちゃってました。

 

明日あたりからまた少しずつ更新できたらいいなぁ。

 

今更新してる、社会人の男の子が女子高生に手料理を振る舞う(?)シリーズと、大学生の男女がお勉強がんばるシリーズの2つを並行して書いていけたらなぁと思っています。

 

大学生シリーズはストーリーの大筋はできていて、ただ扱う題材が学問なのでもう少しキャラとお話しながら構成を練りたいところです。

 

すっかり季節も変わってしまったけれど、肌寒さと少しの人恋しさに負けずに日々を過ごしていきたいね。

 

みんな体調気をつけてね、特に夜はお腹冷やさないようにしてね。

 

 

秘密のインスタント味噌汁 vol.2-2【手付かずのフルコース】

 

その優しさが、世界中で私にだけ向けられるものならいいのに。

 

そう思ってしまう私は醜いのだろうか。

 

憎しみや恨みは溢れるほど独占できるのに。

 

万人向けのありふれた優しさじゃ物足りない。

 

私のことを頭のてっぺんからつま先まで理解して

 

今の私の心情を察して

 

ただ私を慰めて癒すためだけの

 

そんな優しさがほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

カコン、と音がして電子ケトルはお湯が沸いたことを知らせてくれた。

 

キッチンをろくに使わない一人暮らしの男性が料理をするとなると必然的にインスタント食品に頼ることになる。使う調理器具は電子ケトルのみ。

料理、調理器具、という言葉がそれぞれ当てはまるかどうかは分からないが、それで手いっぱいだ。

 

シンクの上の棚から100均で買ったマグカップをふたつ出す。

 

週末に仕入れておいたインスタント味噌汁の袋を開ける。

味が5種類あるが、彼女は何が好きだろう。

彼女のことは何も知らないので考えたところで一歩も正解には近づけない。

 

長ネギの袋と味噌の袋をふたつずつ取り出して、マグカップにいれる。

カラカラの長ネギの上に重たい味噌が落ちてゆく。

 

お湯を注いでも、味噌は簡単には溶けない。

 

箸でゆっくり混ぜると赤味噌の温かみのある香りが漂う。

ふくらんだ長ネギは先ほどまでカラカラだったことも忘れられるくらいにおいしそうだた。

 

 

ふたつのマグを彼女が寝ているソファの前のテーブルに移す。

 

初めて彼女が食べてくれたのはコンビニのおにぎり。

今度は自分で手を加えたし、何より温かい。

クオリティは低いけれども少しは進歩した。

 

 

「寒くない?だいじょうぶ?」

 

少し離れて腰かけて、丸くなっている彼女に声をかける。

 

うう、とさらに丸まって、彼女の瞳がこちらを向いた。

 

「あれ、寝ちゃってましたか...?」

 

「寝れたなら良かった。お味噌汁作ったから良かったら飲む?」

 

もうすぐ7月なのに寒そうにしている彼女は小さく頷いた。

 

ゆっくりマグカップを手に取り、口元で優しく息を吹きかけて冷ます。

湯気が頬に当たり温かいのか目を細める彼女は、突き飛ばせば簡単に死にそうだった。

 

 

丁寧に丁寧に冷まして、ようやく口にした味噌汁はおいしかったらしく彼女はゆっくり飲み進めた。

 

「お兄さんは、どうして優しいんですか」

 

彼女の目線は長ネギに向いている。

 

そういえば味噌汁はマグカップに注ぐものじゃなかったな、と思い返すが味噌汁用の器なんて持っていなかった。

 

「優しくなんてないよ。君がお腹を空かせて凍えていて、僕もひとりが寂しかっただけ」

 

眉を困らせて彼女がこちらを見る。

 

「寂しかったら優しくするの?」

 

「上手くいかないときは、せめて善い行いをする、っていうのが信条なんだ」

 

「ボランティア?」

 

おれが君に優しくするのは他所から見れば如何わしい、もしくは善い行い。

だけど、街角でゴミを拾うように君を拾ったわけじゃない。

 

「違うよ、自分にできる範囲で人を助けるのは人として当然なんだ」

 

じゃあ、お兄さんは誰にでもお味噌汁を作ってあげるの?

 

そんな問いが生まれてきて、自分の醜さに辟易とする。

お兄さんの優しさに出会えただけで嬉しいのに、その理由が分からなくて落ち着かない。

 

もしかしたら悪い人なんじゃないか。

 

何か裏があるんじゃないか。

 

それでも。

 

もしそうだったとしても、今まで通りの日々を送るよりはずっとましだ。

 

どこかでそう思っているから私はここにいるんだろう。

 

「君がどうして元気がないのかは分からないけど、睡眠と食事くらいならここで好きにしていいから」

 

少なくとも今は優しいこの場所も、誰かにばれたら奪われる。

 

「…ありがとうございます」

 

知られてはならない。

 

お兄さんの存在も。

 

私に優しいことも。

 

誰もが知っていそうな、このお味噌汁の味すらも。

 

 

 

 

秘密のインスタント味噌汁 vol.2-1【手付かずのフルコース】

 

 

雨に打たれてすっかり冷えて

 

心細くなって暖をとろうとしたところで

 

それはたかが知れていて

 

どんなに身体をさすっても

 

手のひらが痛くなるだけだった

 

いつの間にか隣にいた彼が微笑んで言った

 

「ごまかしてもだめだよ」

 

ふっと胸が熱くなる

 

「ぼくらは内側から温まらないといけないんだよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜8時にあの場所で。

 

 

 

出会ったのは金曜日だったから、土日の二日間はその場所を通らなかった。

 

 

待ち合わせには条件があった。

 

「君が元気じゃないこと」

 

悲しかったり、なんとなく調子が悪かったりするときは、うちに来ればいい。

 

そんなときは八時にあの場所で会おう。

 

 

 

月曜になって帰宅途中に通ると、人影があって思わずブレーキを踏んだ。

この調子だといつか追突されてしまうだろう。

 

 

車を寄せると彼女はぱぁっと顔を明るくした。

そんな表情は初めて見て、少し嬉しくなる。

 

「こんばんは」

 

彼女は小さな声で挨拶をして、ぎこちなく助手席に乗り込む。

学校の大きな指定鞄を膝の上に乗せ、シートベルトを締める。

 

「こんばんは、まさかいるとは思わなかった」

 

「私も、まさか来てくれるとは思いませんでした」

 

どうやらお互いに同じ気持ちだったらしい。

驚きが大きいのはおそらくこちらだとは思う。

女子高生を仕事帰りに連れ帰るなんて、そんなことがあっていいのか。

 

「知らないお兄さんの車に乗るの、怖くないの?」

 

アクセルを踏み右側を視認して車線変更しながら、少しいじわるな気持ちで聞いてみる。

 

「怖くないですよ、優しい知らないお兄さんですから」

 

彼女はうつむきながら言った。

胸を張って言えないよね。おれたちはまだお互いのこと何も知らないものね。

優しい、なんてつけても、あくまで知らないお兄さんでしかないよね。

 

 

おれたちはお互いのことは一切知らない。名前も、年齢も、日中何をしているかも。

 

 

 

 

 

 

 

車を降りてエレベーターに乗り、 そして部屋についた。

 

玄関で靴を脱いですぐ右側には寝室がある。

 

「この部屋は物置だから。絶対に扉を開けないこと。守れる?」

 

彼女は大きく頷いた。

 

 

リビングのソファに座り、彼女にも隣に座るよう手招きする。

彼女は遠慮がちに、少し離れてちょこんと腰かけた。

 

「今日は雨が降らなくてよかったね。体調はどう?」

 

「まずまず、です」

 

通学鞄を抱きかかえている彼女の顔色はそう良くない。

 

「月曜日くたびれたろ、少し寝たらいいよ」

 

ソファの端に置いておいた毛布を彼女にかける。

柔軟剤の優しい香りが彼女を包んだ。

 

「え、いや、だいじょうぶです、眠たくないです」

 

慌てたように断るが、目の下の深いクマは隠せない。

 

5分後には彼女は寝息を立てていた。

 

 

 

 

 

さあ、目を覚ました彼女に何を食べさせてあげよう。

料理をしたことのないキッチンとおれは、彼女のためにお湯を沸かした。

 

170712 梅雨の夜

こんばんは、こたろーです。

 

今まさに梅雨の夜ですね。

昨日は大きな地震がありました。

大雨の被害もまだ続いており、九州の方が心配です。

 

僕には何もできないけれど、募金はよくします。

いい人でしょ、ということではなくて、資本主義の世の中ですからね。

行動力も役立つ技術もないけれど、そんな僕でもお役に立てるのです。

それはとても小さいですし、自己満足かもしれませんが。

 

僕はお金のために働いています。

愛や希望や夢のためではありません。

 

だけど、愛も希望も夢も、お金の力で守れることがあります。

毎回ではありませんが、お金にはそれだけの力があります。

 

それが僕の働く意味です。

 

正解なんてありませんし、十人十色の働く意味があると思います。

 

そして時には働かない決断の方が重要だったりもします。

自身にとっては。

 

 

 

今まで11の記事が公開されていたのですが、いったん下げています。

なんとなくひとつの物語を書き進めることに集中しようかな、と思ったためです。

下げた物語も構成はなんとなくあるので、また落ち着いたころに整えて皆さんのお目にかかることができれば、と。

 

週に1本は記事を上げ続けていきたいところです。

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

手足が冷えすぎないように暖かくして、おやすみなさい。

はじまりのシーチキン vol.1-3【手付かずのフルコース】

 

 

梅雨は命を潤わせる。

 

雨を喜ぶ生き物たちがいる。

 

そして雨がやみ日が強くなり、今度はそれを喜ぶ生き物たちがいる。

 

 みんなどこかに生きやすい季節を持っている。

 

 

神様、もしもあなたがいるのなら

 

私が生きやすい季節はいつ作ってくれますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温まったからか、肩の力が抜けて呼吸がしやすくなった。

濡れてしまった部屋着を洗濯機に入れて、柔らかい部屋着へ着替える。

 

湯船に浸かってしまった毛先をタオルで拭きながら、少し冷静になる。

名前も素性も知らない男の人の家でお風呂に入った。

私は何をしているんだろう。

 

下校中に具合が悪くなったことは覚えているが、その先が全く分からない。

 

知らない男の人の使っているお風呂で裸になるのには抵抗があったが、それを察してくれたのか着衣で入浴させてくれたし、あげく自分は今夜温泉に行くという。

 

悪い人では、ないようだ。

 

それどころかすごくいい人のように思える。

 

彼は今外出しているが、この隙に私が泥棒して逃げ出すとは考えなかったのだろうか。

 

…考えなかったのだろう。

 

 

ドライヤーを借りて髪を乾かし終えたところで、彼が帰ってきた。

 

脱衣所から顔を出し、ありがとうございました、と頭を下げる。

 

「あ、ただいま」

 

はにかんだ彼は両手にコンビニの袋を抱えていた。

 

「少しは温まれた?タオルは洗濯機にかけて、リビングにおいで」

 

おいで、という響きに少し照れくさくなる。

あたたかい。

 

 

 

 

彼は食事を買ってきてくれていたようだ。

 

「なにが食べたいか分からないから、適当に買ってみた。何がいい?」

 

お弁当、サラダ、菓子パン、おにぎり、サンドウィッチ、クッキー、ゼリー、様々な種類の物が机に広げられている。

 

「好きなだけ食べなね」

 

「…じゃあ、おにぎり頂いてもいいですか」

 

彼はにこっと微笑む。

 

「シーチキンと梅干し、どっちがいい?」

 

「シーチキン、にします」

 

彼はおにぎりを包んだ袋を開けてくれる。

 

「好きなの?」

 

上部分が開いた袋から、おにぎりが顔をのぞかせている。

 

「お昼ご飯でたまに食べるから。その、匂いとかで怪しまれないし、家の人に」

 

「歯磨きしたら…歯磨き粉の匂いでばれちゃうのか」

 

彼女はこくん、とうなずいた。

 

 

普通だったらばれないのにね。

君はそういう環境にいるんだね。

 

 

彼女は小さな一口を少しずつ重ねていった。

 

 

 

 

 

 

 

私が食べ終わると、時計の針は10時を示していた。

 

「君もそろそろ帰らないとね。車で送るよ、制服に着替えておいで」

 

カーペットに足が吸い付いたように、立ち上がれなかった。

 

嫌だ、なんて言えるはずもない。

言葉なく俯いていると、彼が私の隣でしゃがみこんだ。

 

顔を覗き込んでくる。

 

 

「人は、心の隙間の部分を使って生きてるんだ」

 

彼は少し恥ずかしそうに、私に笑いかけた。

 

「幸せはね、心を少しずつ温めてくれる。ぼくらを固く張りつめさせている、氷みたいに冷たくて痛々しい不安を溶かしてくれる」

 

「時間をかけてそれが気体に変わったら、僕らは深呼吸のついでにそいつらを吐き出すの。そしたら心が少し広くなって、その余白を何かのために使うんだ」

 

「考えるのも、立ち向かうのも、歩き出すのも、余白が必要だから。今は何もしなくていい。ただ、またいつでもおいで。僕はここで君を待ってるよ」

 

 

 すぅっと、私の頬を涙が駆けた。

 

 

その日から、彼の部屋は私の帰る場所になった。